読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間をやめる 

仏教実践の研究と資料

『自由への旅』について①

ウジョーティカサヤドーの『自由への旅』が出版されました。 https://www.amazon.co.jp/自由への旅-「マインドフルネス瞑想」実践講義-ウ・ジョーティカ/dp/4105068725/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1480165687&sr=8-1&keywords=自由への旅 この本は内容的に素晴…

はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』まとめ

ずいぶん長くなってしまいました。 これは紹介というより要約でした・・・ 導入はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』上 - 瞑想集中治療室 三章についてはじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』中 - 瞑想集中治療室 一章、二章はじめの一冊…

はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』下

導入、マインドフルネスについて はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』上 - 瞑想集中治療室 ACTにおけるマインドフルネス はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』中 - 瞑想集中治療室 今回は第一章、二章、四章の一部、五章の内容について…

はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』中

✳︎『実践!マインドフルネス』第三章、四章の内容解説 熊野宏昭教授のマインドフルネスはACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー) の観点から定義されています。 第三章のはじめはまず「マインドフルネス」とは逆の「マインドレス」な状態が ACTの用語…

はじめの一冊を選ぶ②『実践!マインドフルネス』上

✳︎書いたら長くなってしまったために、三回に分けてい掲載します。 今回は最近刊行された熊野宏昭『実践!マインドフルネス』を紹介します。 最近は瞑想、特に「マインドフルネス」と名のつく書籍が多くなってきました。 マインドフルネスを冠する書籍には幾…

はじめの一冊を選ぶ①これから始めたい人が読みやすい三冊の紹介

わたしが現在所持しているガイドブックを並べてみたのですが、 初心者にオススメできるものが意外と少ないことに気づきました。 なので最近出た書籍も加えて、これからヴィパッサナーあるいは マインドフルネスを学ぼうとする人のための「最初の一冊」を紹介…

私が所持する瞑想ガイドブックまとめ

現在所持している瞑想関係(ヴィパッサナー、マインドフルネス)を まとめてみました。 タイトル著者系統特徴 マインドフルネス バンデ・H・グナラタナ アーナパーナサティ シンプル ・もっともシンプルなアーナパーナサティの実践 ・実践の際の様々な工夫が…